グリーンソサエティー
活動内容
ほたるの園
写真子供の頃に近所の川にホタルが飛んでしましたが、いつしかその姿は消え、かわりにゴミが増えていきました…このままではいけないと思い、地元でホタルの姿が見れるための活動を始めました。
まずゲンジボタルの幼虫を飼育を始め、「ほたるの園」という場所をつくり、ホタルを飛ばすことができました。2001年ごろから毎年5月下旬〜6月中旬に「ほたる観賞会」を開き、多くの方に楽しんでもらっています。
ホタルはきれいな水のある環境でしか育ちません。ホタルの飛び交う美しい光景を通じて、環境問題を考えるきっかけになってくれればと思っています。
>ホタルの園の詳細はこちら

●環境美化功績者表彰(平成11年度)



まちづくり
写真醤油発祥の地として栄え、当時の面影を今にとどめる湯浅町。そんな古き良き町並みを多くの方に楽しんでもらえるよう、古道具・古民具をせいろ(昔の蒸し器)の中に入れ「せいろミュージアム」として展示したり、町家の軒下に行灯(あんどん)を設置をしています。
このような活動が実を結び、湯浅町は平成18年12月19日和歌山県で初めて全国で79番目の重要伝統的建造物群保存地区の指定を受けました。

麹アイスゆあさ行灯アート展別サイトへ醤油サミットパレード



写真公園や川の堤に花壇をつくり、楽しんでもらっています。きっかけは花のある場所にはゴミを捨てないだろうという願いから始めました。古い醤油樽や古木を再利用した演出も好評です。花の活動では数多くの賞をいただくことができました。
  • ●第11回全国花のまちづくりコンクール最優秀賞・国土交通大臣賞
  • ●第1回県花いっぱいコンクール最優秀賞
▲画面上
Copyright(c)2007 GREEN SOCIETY

グリーンソサエティー